2014年12月13日

どうなるTMM(多治見モザイクミュージアム)

テレビや新聞では結構騒がれている TMM
私も新庁舎のモザイクウォールタイル製作のとき
小・中・高−各学校で宣伝しまくったが・・・
実情は、、、なんだかねっ、良い話は聞かない。

トップに君臨する人の人格・・・これ重要だ。
トップが居なくても
「ポリシー」・・・これがなくては・・・
聞こえてくるのは意見が合わずまとまらず、撤退・決裂・・・
想像するところポリシーより「私利私欲」が先行しているのではないか?

多治見市と笠原町の合併に合わせ平成18年1月に事業計画をまとめあげた。
”潮見公園”入り口を整備して作る、仮称−道の駅”日本タイル村”の構想である。
私が関係したのはその構想を検討し作り上げた1年間のみだが、、、
実際に動き出した検討委員会のメンバーは何も知らない素人のような人がいる。
そんな人から「ダメだと思う」という言葉が飛び出す始末・・・

工事は始まっている。
総工費11億5千万、年間経費3千万円を見込んでいるTMM
廃墟に成らなければよいが・・・
posted by 店長 at 09:35| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: