2020年05月30日

助け合いの心

 コロナは恐ろしい。死ぬのは怖い。

 そりゃぁそうだろう。毎年この時期に住民が協力して清掃を行う「町内一斉清掃」が延期になった。コロナ感染防止の一環とのこと。しかし、清掃は屋外でやる作業で蜜じゃあないんだけどねっ。このままでは何もかも延期・自粛・中止になるのだろうなっ。

 「助け合いの精神でコロナに勝つ」とか言うけれど助け合いってどういうことか理解しているのだろうか?なんだかなあ、最近は言う事とやる事が伴っていない場合が多すぎる。綺麗ごとが次から次に叫ばれているだけのような気がする。我々、還暦過ぎは「不言実行」を美徳としてきたのだが・・・近頃は「有言知らん顔」みたいな・・・口先だけの人間が社会を作って行ってはどんな国になってしまうことか。。。
 
 国民一人当たり10万円の給付が速攻で始まった。我が所帯は五人家族なので50万、もらえるものは貰いますが、当初は収入が減って困っている人に給付するというものであった。それが申請する人全てになった。しかも財源は全て借金・・・どういうお金か理解しているのだろうか?我々老後に入りつつある者にとっては痛くも痒くもなく有難いだけの金。将来日本を背負わなくてはならない若者たちが背負う・返さなければならない借金なのです。

 前置きが長くなってしまいましたが、「助け合いの心」とは「強い者が弱い者を助ける事」と定義したい。すなわちお金持ちがコロナで収入を失ってしまった人を助けることである。国会議員が報酬を二割カットという報道を聞いて呆れた。最低五割でしょう。あるいは八割を困っている人の財源とするとか。国会議員なんて報酬の二割あれば生活に困らないんじゃないだろうか。そして国民一人当たり10万の給付---これは普通に給料をもらえる公務員に配る必要はない。どこぞの知事さんが公務員に支給される給付金の自治体への寄付を提案した。そうしたら批判され撤回を余儀なくされてしまう。あれまあ、良いこと言うなと感心したけれど残念で仕方ない。それが本当の意味の「弱者救済」なんだけど。我が次男は春日井市役所に勤務する公務員。谷口家には彼の分も給付された。さて、まだ所帯を持っててない奴が何て言うのだろう。全額をくれとでも言いそうだけど・・・
posted by 店長 at 09:39| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

36粒のカラフルコースター

 ミュージアムへの144粒のタイルアートの導入を多治見市地区懇談会で直訴した前だったか後だったか忘れてしまったが、あのタイルマンを提案し300万もの補助金を得て制作した鈴木氏の訪問があった。鈴木氏も古田氏と同じくミュージアム建設の委員の一人とのこと。でっ、どうも36粒のカラフルコースターをミュージアムの体験コーナーに導入したいとのことで、制作のための材料を仕入れたいという話が来た。

 何故、鈴木氏を通さなければならないのかと腑に落ちなかったが取り合えず材料を準備した。タイルやベース、そしてプレイティー・保護シールなど。それらを見た鈴木氏は「タイルは山周で買えますねっ。シールはホームセンターで、ベースもできますね」などと言い出した。私たちの年代では到底考えられない図々しさに呆れた。「すいませんけど全てセットでの販売になります」・・・プレイティーだけが買いたいらしい。日本中あるお客様にもプレイティーを使ったコースター、鍋敷きのクラフトはタイルやベースとセットで通してきていたのでお断りすることにした。一円でも安くとコストを追求してきた若者たちにはわからないのかもしれないけれど、それが商売なのです。

 何を言い出すかと思ったら、ミュージアムはこのままでは難しいと本音を打ち明けだした。その頃にはトップ2の対立や挫折者多数ということを聞いていたのでやはりとしか感じなかったが、後から考えると鈴木氏も可愛いところもあったなと思う。しかし、ティーアートは数千円でプレイティーを販売したらお仕舞で、他の材料は鈴木氏が仕入れ販売、儲けるのはミュージアムと鈴木氏・・・本当に酷い話である。この出来事も商工会で公言した。

 諸々、初代館長の各務氏からミュージアム反対派に指定されてしまったのでこういうことになっているわけである。そんなわけで144粒のタイルアートなどは到底受け入れられるはずも無く、マルマンの古田氏からは「ダメだった」の一言のみ。また、地区懇談会での直訴は広報多治見に掲載される地区懇議事録にも載らなかった・・・この地区懇での直訴どころか、その当日には考え難い出来事があったのです。これほど理不尽で話せは盛り上がることがあるのだろうかと、知人にはかなり話してきたことであるがやはり忘れないうちに記録に残しておこう。

 諸々、そんな反発をかうようなことを言わなくてもとか書かなくてもとか言う人もいますが、全て事実、実際にあった出来事なのである。

イベント広告2017.jpg
posted by 店長 at 20:40| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月26日

144粒のタイルアート

 これは幼児教育に、すなわち情操教育に最適ではないかと評価され笠原町はもちろん多治見市・恵那市・可児市などからも依頼のある商品になった。笠原町で1998年に始まった窯ぐれ祭りに2000年くらいから販売を始め毎年倍増以上の勢いで人気を得た。ティーアートのブースのみが人だかりみたいな、なんか独り勝ちと言う人も現れる始末・・・
 ミュージアムの建設にあたり幼保の園長先生からの意見聴取の場では、忘れもしない我が妻の恩師、教師の鏡と評された三尾先生がじきしぎに取り上げて頂いたらしい。笠原商工会に於いても全面的に扱って頂いき今は無き---タイル展示場のメイン商品になる。笠原町の幼保では市の補助を受け毎年全児童が体験していたが、昨年は保育園からの依頼は無くなってしまった。ティーアートのタイルショップなどの顧客にも結構広がったがここの所減少傾向である。
 そんな144粒のタイルアートをマルマンの古田氏に渡してミュージアムの体験コーナーへの設置をお願いした。
 そして、ミュージアム建設の前の「地区懇談会」に於いても直訴の形で取り入れるょう提案。その場にいた元町会議員の大野氏、また街づくり委員会のリーダー坪井氏からも私の提案を推進する意見を頂けた。

そんな144粒のタイルアートであるが・・・つづく
144-25.bmp144-15.bmp144-13.bmp
posted by 店長 at 10:04| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

活気がない。

毎朝愛犬ペッパーくんの散歩をしてて思う。
高台にある私の家からは笠原町が見渡せますが、コロナのせいもあるけれど、モザイクタイルの町笠原がまったく活気がない、沈黙の町という感じでなんかさみしさ・虚しさを感じてしまう今日この頃。多治見市に吸収合併となり自治体としての機能を失ってしまった笠原でありますがいくらなんでもこんな状態になるとは思っていなかった。諸悪の根源はタイルミュージアム。初代館長の各務氏が独断と偏見で進め、我がティーアートを反対派・抵抗勢力と見なされた・・・誠に信じ難い。
ミュージアムの建設計画は多治見市との合併に際して特例債をもって建設するということで合併の二年くらい前から検討が始まった。私も笠原町からの委託を受け一年間毎月一回の検討会に加わった。そして「日本タイル村・道の駅整備事業計画書」なるものを作り上げた。そして合併・・・対等合併ということであったがほとんど吸収合併としか思えない。
ミュージアム建設の具体的な検討が始まったが笠原からは五名?程度がその検討会に加わった。私は1時間程度の面接で意見を求められたのみ。一年間に及ぶ検討会は壮絶なものであったらしい。トップ2が対立し、名古屋モザイクの社長は自ら手を引かれたとか・・・そしてティーアートへ意見を求めに来たのは、タイル商社老舗のマルマンへ戻ってきた長女の古田氏。彼女はタイルとは関係のない仕事をしていたようでタイルに関してはほぼ素人。怖いもの知らずという感じで次から次に色々聞かれるし、見積依頼もされた。とくにタイルアート。ティーアートとしても渡りに船みたいな感じで信頼し正直に見積を出し続けた。そして彼女はミュージアムの理事に選ばれたみたいで、ミュージアムのタイルクラフトのサンプルを求められた。当時笠原商工会で取り組んでいた「144粒のタイルアート」のサンプルを渡した。「144粒のタイルアート」は合併前から多治見市にも評価されイベントや幼稚園・保育園などで利用されていたものである。

ところが、、、次回へ・・・
posted by 店長 at 09:05| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

ティーアート回顧録

世界中にコロナが広がってしまった今日この頃、仕事に・趣味に余裕が出てきたので呆けないうちに「回顧録」などというものをこのブログに残そうと、否な、残すべきかと考え始め、本日2020.5.20より開始することにしました。

回顧録というと古い順に書き始めるものかもしれませんが、今日のような状況「村八分」に何故なっているのかがテーマです。

モザイクタイルのティーアートを発足して早22年を過ぎようとしています。タイルアートをメインにして頑張ってきましたが、予算削減が叫ばれる10年前くらいから徐々に無くなり、笠原町に五軒あったの同業者のうち未だに営業しているのは我が家のみになってしまいました。というのも、ティーアートはタイルアートに縛られることなく、イベント中心の商品を色々展開していて大手クラフト関連販売店や昨年はロフトで全国展開の動きもあったりしていたのでどうにか持ちこたえてきたというところです。

ところがコロナの出現によりイベント関係は完全に中止となり、当店に於いても店仕舞いの危機になってきました。今年になって危機を感じた私は、メルカリに出品することも考えないといけないかなと思いはじめました。幸いアルバイトのヒトちゃんティーアートの商品を既にメルカリで販売していてそのノウハウなどを聞くことができたので割とすんなり出品にこぎつけました。本格的には三月から販売を始めたわけです。

そんな感じで村八分にされているティーアートは今後ももがき続けていくと思います。
posted by 店長 at 10:26| 岐阜 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

お久です。

ほぼ放置状態のこのブログに関心を持って下さる方からfacebookでご連絡を頂き知り合いになれるとは、、なんとも有難いことですが、多治見市の長期政権に嫌気を指していらっしゃる方は少なくはないようです。

賢く・優しく・不公平のない、公明正大な政権ならまだしも、、正反対では凹
まっ、何を言っても無駄・打っても響かない・言えば敵が増えるだけ、なんて
どうしようもない自治体になってしまった。

本音を隠し・たてまえ飾り・笑って誤魔化すしかないようですねっ。

40年以上まえに、こんな歌を作曲した当時の井上青年は凄いな!

さあ、ミンナで歌いましょう♪
posted by 店長 at 10:43| 岐阜 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

補助金をチラつかせ人を操る町

全く黙っていられない。。
否が応でも聞こえてきます、FMピピから、あの人の声。

  200万円・200万円・200万円・・・何度となくW

最悪なのは 補助を受けることのできる人は あの人のお気に入りのみ。。
そう、あの人に媚びを売り、忖度する人たちのみ。

そういえば数年前、
市の職員から補助金申請をするように言われ相談に来られた人がいた。
その審査会場から何べんも電話をいただき、最終的には激怒されていた。
忘れもしない。。

 「とんだ茶番だ」

なるほどな〜。。最低の町になってしまった多治見市。
安倍政権も三期だが、多治見市は無投票で四期目。
そりゃあ長年に渡るしがらみでがんじがらめ状態なんだろうなぁ。

かと言って誰も声を上げない、上げられない、結果忖度するのみ。
ていうか、声を上げると、自分の首を絞めることになるんだろう。
結果、諦めの社会、無気力な人間が増えてくる。

良い街・国になるはずない。
posted by 店長 at 07:29| 岐阜 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

「不平等の平等」

なるほどなぁ〜

「不公平の公平」も同じか。。

エゴ贔屓とかいう言葉をつかってみたが
結局は公平になるんだという事が分かってきたような気がする。
私がミュージアムに関わっていたら、、今のティーアートはなかった。
この三年くらいで色々開発できたし、今後の足掛かりができた。

また、Y社と何事もなかったら、容易には決別出来ず
相変わらずY社のタイルを宣伝販売していくことになってるし
関連の商社卸に従事して、自分のやりたいことはできないことになっていた。
会長の大嘘には辟易としたものだが自分のことに専念できる今は
逆に有難い出来事であったと思えるようになってきた。

まさに、努力を続ければ
「不平等」とか「不公平」という言葉は不必要になるものです。

還暦過ぎて色々悟ってきたかもしれない・・・
posted by 店長 at 13:04| 岐阜 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

ミスキャスト

これを歌うしかない。どぞw

posted by 店長 at 10:05| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自民党総裁選

ほほう〜、なるほどなー、

本日次期総裁が決まるわけだが
まっ、安倍さんの圧勝となることは間違いなし。

しかし、最後の街頭演説会での石破さんの訴えを聞いたけど
自民党は意見の言えない政党になっているらしい。
総裁の意見に逆らえば干されるので言いたいことが言えなくなってる。
なるなる、、多治見市だって、、タイルミュージアムだって
市長・館長に意見すれば、、干される・・・

国政がそんなんでは地方・施設も独裁色が濃くなるよねっ。

若かりし陽水は既に気付いていた。

さあ、みんなで歌おう♪

限りない@@

posted by 店長 at 10:00| 岐阜 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。